愛媛大学におけるカルト問題について

−カルト問題から学生を守るための基本的指針−

 
 愛媛大学はカルト問題について,信条や宗教に関することを問題にしているのではなく,学生の人権を中心とした心身の安全を守るための情報を,学生及び保護者に適切に提供することを大学の責務とする。
 本学の学生がカルト集団に関わったとき大学のとるべき方針について以下に示す。
1 大学は学生の思想・信条については関与しない。
2 学生がカルト集団に関わることで人権侵害や,人格破壊につながる恐れのある場合は,学生に対する安全配慮義務により保護者に情報を提供する。
3 勧誘被害にあった学生が,脱会後に学生生活を過ごす上で援助を必要とする場合は,できる限りの支援を行う。
 

カルト関連資料など

学生支援センターのホームに戻る